日本国内からネットカジノで遊んで摘発されないために

投稿者: | 2021年10月11日

日本では賭博法によって公営ギャンブル以外の賭け事を厳しく取り締まっていますが、国内からネットカジノで遊んでも、摘発されることはありません。
ネットカジノは海外にサーバーを置き、海外の企業によって合法的に運営されているため、日本の法律が適用されないからです。

しかし「ネットカジノで遊んでも良い」という法律が存在しない以上、ネットカジノはグレーゾーン的な立ち位置であるため、合法でも違法でもありません。
だからこそ、日本国内からネットカジノで遊ぶ時には注意するべきことがあります。

そこで今回の記事では、日本国内からネットカジノでギャンブルをして摘発されないための注意点についてまとめてみましたので、特に初心者の方は是非参考にしてみてください。

海外拠点の合法ネットカジノで遊ぶ

海外拠点の合法ネットカジノで遊ぶ
無許可で運営するネットカジノは全て違法サイトであり、インターネットを使ったネットカジノを運営するためには、ライセンスを取得する必要があります。
ライセンスはネットカジノが合法の国の政府機関より発行していますが、必ずしも発行されるわけではありません。

国より審査基準は異なりますが、莫大な費用と時間を費やすことでやっと発行してもらえるのがネットカジノのライセンスです。
つまりライセンスを所持しているということは、信頼できるネットカジノと言えますので、安心安全にカジノゲームを楽しむことができます。

しかし注意したいのは、運営元の拠点をどこに置いているのか?ということです。
いくらライセンスを所持していても、日本を拠点にしていたら違法行為となり、運営側もプレイヤー側も両方が摘発対象となります。
「ライセンスを所持」しており、「海外を拠点」にしたネットカジノで遊びましょう。

インカジ店を利用しない

インカジ店を利用しない
インカジ店とは、店舗型のネットカジノ店のことで、これは裏カジノの一種となります。
日本では公営ギャンブル以外の賭博はご法度であり、警察によってインカジ店の摘発は常に行われていますが、すぐに別の店舗で営業を再開することから、いつまでもイタチごっこが続いています。
最近ではインカジ店も開き直っており、「インターネットカジノ」と堂々と看板を設置している店舗も多くあります。

中にはアミューズメントカジノと偽ったインカジ店も多く、その堂々たる姿に外見では違法なのか合法なのかを判断できません。
店構えがどうであれ、インカジ店は100%違法であり、遊んでいる客も摘発されます。
入手金が手渡しで気軽なインカジ店ですが、摘発により人生を大きく狂わせてしまう恐れがありますので、絶対に利用してはいけません。

自分所有のパソコンやスマホで遊ぶ

自分所有のパソコンやスマホで遊ぶ
ネットカジノはパソコンやスマホで遊ぶことができますが、必ず自分が所有する端末を利用しましょう。
最近では漫画喫茶やインターネットカフェ、その他様々な場所でインターネットに接続可能な端末を利用できますが、もし自分所有以外の端末でネットカジノへアクセスしてしまうと、その店舗に迷惑をかける恐れがあります。
例えば漫画喫茶でネットカジノへアクセスしギャンブルを楽しんだ場合、警察によって「漫画喫茶が賭博の場所を提供していると見なす」と判断されることがあります。
こうなりますと漫画喫茶が摘発対象となり、営業を続けることができなくなります。
「漫画喫茶でネットカジノを遊んではいけない」という法律はありませんが、警察に「見なされる」可能性は0では無いのです。

他人に自分のアカウントを使わせない

ネットカジノのアカウントは、本人のみが利用できる専用アカウントであり、他人に遊ばせることで法律に抵触し、摘発されてしまう恐れがあります。
自分が入金済みの資金の中で遊ばせるだけでしたら問題無いかもしれませんが、もし他人が用意したお金を入金し、勝った場合に勝利金を手渡すのは完全なる違法行為です。
「ただアカウントを貸してあげるだけだから問題ない」という考えは大きな間違いであり、個人間でもお金の流れが生じた時点でアウトです。

アカウントの持ち主が賭博する場所を他人に与えたと同じことですから、賭博開帳図利罪が認められる可能性があります。
ネットカジノのアカウントを無闇に他人へ貸すのは絶対に止めておきましょう。

まとめ

今回は、日本国内からネットカジノでギャンブルをして摘発されないための注意点を4つご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
ライセンスを所持し海外に拠点のあるネットカジノでしたら、日本国内から遊んでも違法性が問われることは無く、摘発の心配はいりません。

しかし国内を拠点にするネットカジノや、いわゆるインカジ店は完全違法であり、そこで遊ぶ客も摘発の対象となります。
また漫画喫茶やインターネットカフェなどでネットカジノにアクセスする行為も、場合によっては違法と見なされるケースもありますので、必ず自分所有のパソコンやスマホで遊ぶことが大切です。
そしてネットカジノのアカウントは他人に貸さず、自分だけで楽しんでください。

ネットカジノで遊ぶ際には、最低限以上4つのことを必ず頭に入れておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です