マーチンゲール法を使うならデメリットもきちんと理解しておく

投稿者: | 2021年3月2日

マーチンゲール法はオンラインカジノで最もよく使われる攻略法であり、ルールもシンプルで分かりやすいので初心者にとっても使いやすいです。
1回でも勝てればプラスになるため連勝をする必要がないので、他の攻略法と比べて勝ちやすいのが大きなメリットです。
ただ当然ながらマーチンゲール法にもデメリットはありますし、もしオンラインカジノで使うつもりならリスクをしっかり理解しておかなければなりません。

賭け金が膨らんでいくのが最大のデメリット

賭け金が膨らんでいくのが最大のデメリット

マーチンゲール法は勝ったら2倍の配当を得られるゲームに利用され、負けた時に前回の賭け金を倍にして再び勝負します。
また負けたらさらに賭け金を倍にして、これを勝つまで繰り返すことで勝った時に確実に利益を得ることができます。

ただ負ければ負けるほど賭け金はどんどん膨れていくことになり、最初のベット金額が10ドルだったとしても5回目には160ドル、10回目には5120ドルにまで賭け金が達することになります。
これがマーチンゲール法の最大のデメリットであり、運悪く大きな連敗をしてしまうと瞬く間に資金を失うことになってしまいます。

よっぽど潤沢な資金を用意できる人でなければ、連敗の途中で残高が尽きてしまうことになるでしょう。
もちろん勝率50%なら大きな連敗をすることは滅多にありませんが、それでも確率的にはありうることなので常に資金を失うリスクを意識しなければなりません。

もしオンラインカジノでマーチンゲール法を使うなら、何連敗したらストップするのか、資金がいくらまで減ったら止めるかを事前に決めておくことが重要です。
たとえその日は負けても長い目で見てプラスになることを目指せばいいわけですから、1回で全てを取り戻そうとするのは危ない考えです。

賭け金に上限があることも大きな注意点

賭け金に上限があることも大きな注意点

では資金が潤沢にあればマーチンゲール法で負けないかと言うと、残念ながらそうではありません。
なぜならオンラインカジノではどのゲームにも賭け金の下限と上限が設定されているため、その範囲内でしか賭けることができないからです。

もし賭け金の上限が1000ドルだった場合、賭け金が500ドルを超えた時点でそこで負けたらマーチンゲール法は使えなくなってしまいます。
仮に資金が1万ドルあろうが10万ドルあろうが、上限に達してしまうとそこで終了となるわけです。

資金に余裕があるからと言って最初のベット金額を高く設定してしまうと、少し連敗しただけですぐに頭打ちとなってしまいます。
なるべく賭け金の上限が高いテーブルを選ぶことは大前提ですが、スタート金額をいくらに設定するかもマーチンゲール法を使うにあたって重要なポイントとなります。

マーチンゲール法のリスクを回避するには

マーチンゲール法のリスクを回避するには

リスクの高さがマーチンゲール法のデメリットと言えるわけですが、オンラインカジノで勝負するにあたってそのリスクを回避するにはどうすればいいのでしょうか。
もちろん1番大事なことは賭け金が膨れる前に損切りをすることですが、それ以外にもリスクを回避する方法はあります。

オンラインカジノでは他に逆マーチンゲール法と呼ばれる攻略法があり、こちらは負けた時ではなく勝った時に賭け金を倍にしていきます。
これとマーチンゲール法と組み合わせることによって、ある程度リスクを分散させることが可能となります。

例えば最初に10ドル賭けて3連敗すると合計で60ドルの損失となってしまいますが、そこで一旦逆マーチンゲール法に切り替えて再び10ドルからスタートします。
そこから3連勝すれば合計で80ドルの配当を手に入れられるので、マーチンゲール法の損失60ドルと最初の賭け金10ドルを差し引いても10ドルの利益を得ることができます。
仮に負けてしまっても最初の賭け金の10ドルしか失わないので、大きなリスクを背負うこともありません。

もし1回目がダメだったら2回目は最初の賭け金を少し増やせばいいですし、上手く連勝することができればローリスクで損失分を取り戻すことが可能となります。
特に資金がある程度限られている人にとっては、賭け金が膨れ上がるのを回避できるのは大きなメリットです。

ただしこの方法にもデメリットがあり、逆マーチンゲール法は連勝をしなければ勝つことはできないので、マーチンゲール法で勝負を続けるよりも勝率は下がってしまいます。
リスクを背負いつつも勝率の高さを重視するか、勝率は下がってもリスクの少ない方法で勝負するかはその人の考え方次第です。

マーチンゲール法は決して怖い戦術ではない

賭け金が膨らむデメリットからマーチンゲール法はどうしても怖いイメージを持つ人も少なくありません。
しかしそれはリスクを理解せず無謀な勝負するからであって、損切りのタイミングを間違えず資金管理がしっかりとできれば、マーチンゲール法はオンラインカジノでとても役立つ攻略法となってくれます。

無料プレイができるオンラインカジノもたくさんあるので、バカラやブラックジャックやルーレットなどでまずはマーチンゲール法を自分なりに試してみるといいでしょう。
そこで基本ルールを覚えて損切りのタイミングを理解できれば、実際にリアルマネーでプレイする際にも大きなリスクなく勝負することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です