理論上永遠に大勝負が出来る攻略法

投稿者: | 2019年10月4日

パーレイ法への過信は禁物

パーレイ法は勢いに乗ってどんどん賭け金を増やす方法であり、ギャンブラーが好きな手法です。
ギャンブラーで勝っている時にどんどん資金をつぎ込んでいく方法は、オンラインカジノで使われているパーレイ法でも同じことなのです。

しかし、過信は禁物であり、失敗するリスクが十分にあります。
中には1回で200ドル以上の勝ち金を失ってしまう可能性もあるくらいで、しっかりと引き際を見極める必要があるのです。

引き際を見極めないとパーレイ法は失敗する

パーレイ法は勝った時に得られた金額をそのまま次のゲームにつぎ込む方法です。
勝利した金額がそのまま次のゲームで使われる資金となるため、仮に負けたとしても最初の利用した金額以外は負けていないのです。
一見すると低リスクで勝負をしている方法かもしれませんが、実はパーレイ法は負けてしまったときに大きな問題を起こす場合があります。
一番問題となるのは、パーレイ法でかなり勝ち続けていた結果、賭け金が100ドルを超え始める場合です。

100ドル以上の利益を持っていると、基本的にはその時点でゲームを終了したほうがいいのですが、パーレイ法の場合は引き際を誤りそのまま賭けてしまう場合もあります。
その結果、本来なら利益を確定させていい場面で確定させられなくなり、パーレイ法で利益を失ってしまう場合があります。
100ドル以上を一気に失ってしまうと、日本円で1万円以上の利益が即座になくなってしまいます。
これは非常に嫌な気分を味わってしまうでしょう。

パーレイ法はとにかく失敗した時のリスクが高く、ハイリスクハイリターンの方法なのです。
しかもハイリスクは勝ち続けるほど高くなっていき、100ドルを超え始めると勝負をするのは無謀と言われる状況を作ってしまいます。
それでも賭け続ける背景には、オンラインカジノで少しでも利益を得たいという気持ちが先行するからです。
パーレイ法は勝っている時に延々と勝ち金をつぎ込んでしまう傾向があるために、引き際を見極められなくなり失敗する可能性も高くなります。

ギャンブラーは引き際を見極めよう

普段からギャンブルを続けている人は、引き際を見極めてしっかりとパーレイ法を終了させてください。
パーレイ法を終了できなかった場合は、最悪のケースで損失に変わってしまいます。
損失と言っても数ドル程度の金額かもしれませんが、一番の問題は精神的な落ち込みが強くなってしまう点です。
本来なら数万円程度の利益が出ていたのに、パーレイ法で失敗したために一気にお金を失ったとなれば、精神的に辛い状態に陥ってしまうでしょう。

どうしてもギャンブルを続けてしまい、途中で引き際を読めなくなってしまう場合は、一定の利益が確保された時点でパーレイ法を終了するように考えておきましょう。
パーレイ法を終了させるタイミングをしっかりと見定めておけば、失敗して利益を失う問題が起こらなくなるのです。
利益を失わない状況をしっかり作るためにも、パーレイ法を終了するタイミングはしっかり考えましょう。
ミスをして大きな利益を失わないように注意しておくのです。

ギャンブラーほど引き際を読めなくなり、失敗する可能性が高くなるのがパーレイ法の問題点です。
どこで引けばいいのかしっかりと考えておくことが大事ですし、失敗しないためにはなるべくほしい利益に到達したら止めるくらいの気持ちが必要です。
延々と利益が作られるから勝負するという気持ちは良くないので、どこかで失敗するリスクを考慮して撤退しましょう。
パーレイ法は勝負をしすぎないこと、そして不安に感じるような気持ちがあればすぐにストップするくらいの気持ちが大事です。

失敗しないためには普段から練習しておくこと

パーレイ法の練習というのはあまり意味がないかもしれませんが、実際には結構いい効果が期待できます。
その理由として、パーレイ法を続けていれば勝負の引き際がわかるのです。
これ以上ゲームを続けてもいいのか、それともゲームを終了させるべきなのかを判断しやすくなり、利益を追いすぎて失敗する状況を作らないのです。
パーレイ法は練習を続けて、本当にいいと判断できる状況を作るまで理解を深めたほうがいいでしょう。

普段から練習しておくと、この場面では撤退したほうがいい、ここはまだ勝負ができるという判断が可能です。
オンラインカジノでゲームを続けている時に、冷静な判断が可能となり撤退できるようになるのです。
オンラインカジノは利益が増えていくとどうしても撤退できない状況に陥りやすくなってしまいます。
撤退をしっかり行うためにも、パーレイ法の練習はしっかり続けて、これ以上の利益は必要ないという気持ちを持つのです。

失敗を続けても練習なら問題ありません。
お金を使って失敗するくらいなら、練習時にどんどん失敗しておきましょう。
練習なら失敗してもそこまでの不安は感じませんし、改善もすぐにできるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です