信頼されるギャンブルとなるまでの歴史

投稿者: | 2019年3月14日

オンラインカジノの歴史について知る

もともと実際のカジノは貴族たちの社交の場として親しまれていました。
賭博好きの人たちが集まる賭博場としての側面もあり、歴史のあるものでした。
こういったカジノの世界をそっくりそのままインターネット上で再現したのが、今のオンラインカジノです。

世界初のオンラインカジノが出来上がったのが一体いつなのか、そしてその成り立ちについて知りたいという方は多いのではないでしょうか。
オンラインカジノの始まりはけしていい加減なものではなく、きちんと法律で成立されてから成り立ってきたものなのです。

オンラインカジノは、インターネットの普及によって成り立ってきました。
インターネットが爆発的に普及している現在ですが、その始まりは1994年ごろのことです。
1994年ごろに、イギリス連邦加盟国であるアンティグア・バーブーダという国によって、初めてオンラインカジノの正式なライセンスが発行されました。
そしてそういった旨の法律が初めて可決されたのです。
今でもこの国はオンラインカジノの合法国としても知られていますが、当時は合法国は少ない状態でした。

今は、オンラインカジノが認められている国は増えてきており、合法としている国は多いです。
イギリスやキュラソー、そしてフィリピン、マルタ共和国などで、合法となっています。

その後Windowsが普及することになり、どんどんオンラインカジノのプレイヤーの人口は増え、全世界に普及することになりました。
1999年にはマルチプレイヤーシステムという仕組みが導入され、多くのプレイヤーで同時に遊べる仕組みが出来上がります。
さらに、ジャックポットシステムなどの高額当選が当たるシステムも導入あれ、より一層楽しめるようになりました。

オンラインカジノのゲーム性はどんどんと進化し続けており、最新ゲームが次々と導入されています。

オンラインカジノとライセンス制度

オンラインカジノには、このように法律によってライセンスが発行されていて、運営をするためにはライセンスの取得が必須となります。
オンラインカジノの運営業者はこのライセンスを取得しており、いい加減に運営するということはできません。
ライセンスを取得するためには、厳しい審査をパスする必要があるからです。
企業の健全性や財務状況までが厳しく審査され、またオンラインカジノ運営が公平であるか、安全性についても厳しく見られることになります。

ライセンスを取得した後にも外部の監査機関によって監査が行われ、システムの公平性や安全性などが厳しくチェックされます。
オンラインカジノのライセンスを取得するためには、半年以上の月日がかかる他にも、高額なライセンス料がかかります。
オンラインカジノ会社はプレイヤーからの信頼を得るためにも、ライセンスを取得し、その後も監査を受けています。

よってライセンスを取得し、そして監査を受けている運営会社については、安全性や公平性については問題ないと考えて良いでしょう。

オンラインカジノの構成について

オンラインカジノを運営しているのは運営会社ですが、ゲームを提供しているゲームの運営会社についてはまた全くの別会社となっています。
オンラインカジノとソフトウェア会社はまた全く別の会社となっており、聞いたことがないソフトウェア会社の場合には避けておいたほうが良いでしょう。

信頼できるソフトウェアを採用しているかどうかは、オンラインカジノを選ぶ際にはとても重要なことです。
たとえば、「マイクロゲーミング」「プレイテック」などは大手のソフトウェア会社として知られています。
マイクロゲーミングについては、オンラインカジノが登場した当初からオンラインカジノ開発を始めており、世界で初めてオンラインカジノのソフトウェア開発を行いました。
イーコグラの設立にも協力を惜しまず、その存在は唯一無二のソフトウェア開発会社です。

このようにソフトウェア会社の信頼性によってオンラインカジノで安全に遊べるかどうかも変わってきますので、どのようなソフトウェアが採用されているかをチェックするようにしましょう。

また、オンラインカジノの決済システムの管理を行っているのが決済会社の存在です。
オンラインカジノの運営会社が決済を行っているというわけではなく、決済会社がプレイヤーとオンラインカジノの間に立ち、決済の管理をしています。
これには「エコペイズ」「アイウォレット」などの決済会社があります。
入出金の際に、オンライン上に口座を作成することによって、資金の管理が容易になります。

オンラインカジノで遊ぶ際に、ぜひ口座を作成しておくようにしましょう。
オンラインカジノを選ぶ場合には、ライセンスの有無、そしてどのゲームのソフトウェアが導入されているか、監査機関による監査の認定マークがあるかという点で選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です