稼ぎやすさが何よりの魅力

投稿者: | 2018年8月7日

オンラインカジノはギャンブルが好きな人から大きな注目を集めていますが、その理由は「儲かる」「勝てる」からなのは言うまでもありません。
ですが、まだオンラインカジノで遊んだことがない人にとってはそのような言葉を使われてもピンとこないのではないでしょうか。
そこで、なぜオンラインカジノが「勝てる」「儲かる」と言われているのかを探ってみるとしましょう。

ペイアウト率の高さ

ペイアウト率の高さ

オンラインカジノはペイアウトの高さが最大の特徴と言っても過言ではありません。
魅力がたくさんあるのは言うまでもありませんし、たくさんの魅力があるからこそ国際的に高い人気を集めているのですが、その理由の最たるものと言っても過言ではないのがペイアウトです。

ペイアウトとは、どれだけ遊戯者に還元するのかを示した数字で、どのようなギャンブルにも設定されています。
例えば日本のギャンブル等の数字を見てみると、宝くじで50%、公営ギャンブルとして認められている競馬や競輪で75%程度、そして身近なギャンブルでるパチンコやパチスロ。これらは80%から85%程度とされています。
この数字が何を表しているものなのかといえば、簡単に言えば遊戯者全体が使ったお金をどれだけ遊戯者に返すのかです。

遊戯者全体で1億円になったとすれば、宝くじは5,000万円、競馬や競輪であれば7,500円前後、パチンコであれば8,000万円ぜんご遊戯者にリターンする計算になります。
この数字は勝率ではないので、50%だからといって2回に1回勝利出来るというものではなく、遊戯が集めたお金をどれだけ返すのかを表したものですが、オンラインカジノは驚きの95%越えです。
つまり、仮に1億円集まった場合、およそ9,500万円は遊戯者に還元することになりますので、ペイアウトを見ても他のギャンブルよりも優れていることが分かるのではないでしょうか。

勝利しやすさよりも、一攫千金が魅力

ペイアウトの数字は個人だけではなく、遊戯者全体に戻す分です。
ギャンブルを運営している側としても経費や利益がありますので、必要なお金は遊戯者からのお金で賄わなければなりません。
宝くじでも競馬でもパチンコでも、場所も必要ですし人員も求められるのでスタッフへの人件費も必要になりますが、オンラインカンジノの場合はオンラインですのでテナント料金はかかりませんし、システム上で行われるものなので人件費も必要最低限で良いのです。
そのため、多くのお金を遊戯者側に還元出来るのですが、魅力は勝率の高さよりもむしろ一攫千金を狙える点にあります。

そもそもオンラインカンジノは日本国内の業者が運営しているものではなく、国外の業者が運営しているものです。
そもため、勝利の金額等も桁外れです。ましてやカジノです。一晩で信じられないだけの額を稼げる可能性もあるのです。
競馬やパチンコでどれだけ頑張ったところで何百万円、何千万円と稼ぐのは決して簡単ではありません。
ですがオンラインカンジノであれば、必ずとは言いませんが、勝利次第ではそのような額、あるいはそれ以上の額を手にする可能性もあるのです。

もちろんオンラインカンジノは「必勝」ではありませんので、他のギャンブル同様敗北することがあるのでその点は十分に留意しなければならないのですが、国内のギャンブルでは決して見ることが出来ない大きな夢を見れるのです。

イカサマはないのか?

イカサマはないのか?

オンラインカンジノといえどもカジノです。
カジノをオンライン上で楽しむものなので、勝利の額も桁違いなのですが、いくらオンラインと言えどもいわゆる「イカサマ」があるのではないかと疑っている人もいるのではないでしょうか。
結局どうやっても勝利出来ないような仕組みになっているのではないかと予想している人もいるかもしれませんが、その心配はありません。

その理由として以下の二点が挙げられます。

・認可の厳しさ
・評判

まず、オンラインカンジノはいくら国外の業者ではあってもどのような業者でも手軽に運営出来る訳ではありません。
オンラインカンジノは外国業者が運営しているものばかりですが、一口に「外国業者」と言っても様々です。
カジノに関してはどの国でも法律によって定めており、カジノを運営する業者は真っ当な業者なのかどうか国から審査を受けます。

事実、オンラインカンジノの業者はリゾートホテル等、一流のエンターテイメント業者が多いです。

更にはオンラインカンジノ業者も多数あります。
もしもですが、イカサマを行っているとすれば今の時代は忽ち口コミで広がっていくものです。
「あのオンラインカンジノ業者は勝てない」「あのオンラインカンジノ業者はおかしなことをしているのではないか」との風評が広がり、利用者が減ったらオンラインカンジノとしても死活問題です。

この事実からも分かるように、オンラインカンジノは国外とはいえ、真っ当な業者が健全に運営しているものなので、世界中から熱い眼差しを向けられているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です