ギャンブル依存症はオンラインカジノによって引き起こされる?

オンラインカジノとギャンブル依存症の関係

オンラインカジノは、ギャンブルの一つですから、ギャンブル依存症を引き起こす可能性を秘めています。
ギャンブル依存症とは、ギャンブルにのめり込み、普段生活している間もギャンブルのことしか考えられなくなってしまう症状のことです。
そのため、日常生活の中でギャンブルが出来ない状態が続くと、周りに嘘をついて仕事や学校サボり、ギャンブルをしようとしたりします。症状が悪化すると、ギャンブルで負けても、「次に勝って取り返そう」と考え、その繰り返しでお金が底を尽きてしまいます。そして、知り合いに片っ端から借金をしていき、しまいには金融機関からお金を借り、何とかしてこれまでの負け分を取り返そうとして高額のギャンブルをするという最悪の悪循環が発生してしまいます。
このような人生を破滅に導くほどの重篤な症状は、そこまで多くありませんが、厚生労働省が発表している日本人のギャンブル依存症の割合は、人口の約5%です。20人に1人がギャンブル依存症に陥っているという状況があるのです。これらは、オンラインカジノではなくほとんどがパチンコやスロットによるギャンブル依存症です。人数に換算すると536万人です。
その中の多くは、結婚や就職など、何らかのタイミングでギャンブル依存症を克服しますが、一部の人間は克服することができずにギャンブルで身を滅ぼしてしまいます。オンラインカジノは、いつでもどこでも楽しめるという特徴や、人対人の現実のゲームではなく、画面の中で行われるゲームであるという特徴から、ギャンブル依存症に陥りやすいということが予測されます。

オンラインカジノをプレイする際の注意点

些細な気持ちでオンラインカジノ始め、気が付いたらギャンブル依存症になってしまっていたということを防ぐために、オンラインカジノをプレイする際には、まずいくつかのポイントに注意してください。まず、利用するクレジットカードですが、使用制限を設けると良いでしょう。無限に出勤できる設定にしていると、依存症に陥った際に無制限にチップを購入してしまいます。そのため、月々に利用できる利用額に制限を設けましょう。
また、1日にプレイできる額をあらかじめ決めておき、それを守るようにしましょう。これは1日という単位でも構わないですし、1週間という単位でも構いません。知り合いに、オンラインカジノの利用状況を監視してもらい、それをオーバーする数のゲームをしていたら何らかのペナルティを課せられるというルールを設けても良いでしょう。ギャンブル依存症に陥ってしまう最も大きな原因は、「無制限に遊べる」ということです。時間や金額を制限し、割り切って遊ぶことによって依存症になるのを防ぐことができるでしょう。