ボーナスは受け取らない方がいい?

オンラインカジノに登録すると、いきなり貰えるボーナス

オンラインカジノプレイしようと思い、パソコンにプログラムをダウンロード、そしてインストールし、プレイを開始しようとすると、アカウント開設の画面になります。アカウント開設の画面では、氏名や住所、電話番号などといった個人情報を入力します。それらの手続きを済ませて取得した新規のアカウントでログインすると、いきなりボーナスがもらえます。
多くのオンラインカジノでは、そのボーナスの額は30ドル程度です。もし、何の知識もなく「ペイアウトが高いと聞いたからなんとなくオンラインカジノを始めてみた」というような場合、無条件で30ドルがもらえるので「ラッキー」と思ってついつい受け取ってしまうのではないでしょうか。しかし、世の中にはそこまでおいしい話はありません。受け取る前にちょっと考えてみてください。

ボーナスと何なのか?

ボーナスとは、わかりやすく言えばカジノ側がプレイヤーに対して「甘い蜜をやるからもっとお金を賭けろ」という、脅迫のようなものです。
というのも、ボーナスは、受け取ってしまった瞬間から出金することができなくなります。ある条件を満たさなければいけないのです。
そしてその条件というのは「最低賭け条件」というそれまでのトータルの賭け金額です。これは、もらったボーナスに比例して大きくなっていきます。大体のボーナスは、ボーナスの10倍から30倍の間の金額が最低賭け条件になります。つまり、10ドルのボーナスをもらったら3000ドル使わなければ出金できないという条件を突きつけられたようなものです。

よほどの理由がなければボーナスを受け取らないほうがいい?

自分がこれから遊ぼうと考えている額から逆算して、そのボーナスをもらった時に必要となる最低賭け条件の金額がクリアできるのであれば問題ありません。
しかし、単純に賭けた金額がすべて最低賭け条件のノルマに加算されるというわけではありません。ゲームごとにパーセンテージが決まっています。10%のゲームであれば、かけた金額の10%ずつしか最低賭け条件の蓄積にはなりません。
さらに、ペイアウトの高いゲームは除外ゲームといって、最低賭け条件が蓄積されないゲームに指定されている場合があります。つまり、不利な条件のゲームに高い金額をかけなければボーナスが活用できないということなのです。そこまでプレイを縛られて、トラブルにも発展しかねないボーナスを受け取ってゲームをするのであれば、ボーナスを受け取らずに純正にゲームを楽しみながらお金を増やしていった方が健全ではないでしょうか。